相続不動産を取得する前後で行える    相続税対策
株式会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

芦屋市で空き家相続不動産でお困りの方

相続不動産を取得する際に、相続税がかかる可能性があることは広く知られていると思います。しかし空き家になっている状態だと、使用中の家を相続するのと比べて相続税が割高になってしまう、ということはあまり知られていないかもしれません。相続する前に対策を行っておいた方が効果的ではありますが、対策が間に合わず相続をしてしまった場合の対処法も紹介していきます。

なお芦屋市には、対象住宅の空き家になっている期間が6カ月以上あり、地域交流の目的や、住宅として10年以上利用しようとする者に、改修費用の一部を補助する「芦屋市空き家活用支援事業補助金」制度があり、市役所で特記以外は無料相談を受け付けているので、相談してみるのも良いかもしれません。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
なぜ空き家相続税は高くなるのか
特定居住用宅地の場合は、所有敷居面積の中の330平方メートルまでの部分の相続税を、最大80%減額することができる「小規模宅地等の特例」という制度があります。この特例は、被相続人(不動産を持っている人)と一緒に生活している配偶者が相続人になる場合には無条件で適応されますが、一緒に生活している親族が相続人となる場合は、親族が不動産を取得し、相続税の申告期限まで住み続けないと適応されません。つまり、被相続人と相続人が、相続する前から相続不動産に住んでいたり、相続した後も住み続けるという条件になるので、空き家だと相続税の減額を受けられなくなります。よって相続税が高くなってしまうということです。
Point1

相続前の空き家対策、賃貸経営にする

小規模宅地等の特例は賃貸物件にも適応でき、相続人が賃貸経営を継続すれば200平方メートルまでの土地相続税を、50%減額することができます。しかし、平成30年4月1日から「相続する前に3年以上、賃貸物件として経営しなければならない」という条件が追加されたので、早い段階で対策をしなければなりません。

Point2

相続前の空き家対策、相続税対策のために売却する

空き家相続税は高いので、相続する前に売却しておいた方がいい場合もあります。さらに相続人が複数名いる場合は、1つの不動産を分けることはできないので、換金することでスムーズな相続を行えるようになります。しかし、相続税評価額と不動産価格のバランスによっては逆効果の場合もあるので、税理士と相談しましょう。

Point3

相続後の空き家対処法、新しく入居する

相続人に配偶者や同居人などの法定相続人がおらず、別居している親族が相続人となった場合の対処法で、新しく入居することで小規模宅地等の特例を受けるというものです。しかし、被相続人が生前空き家になる前に住んでいたことや、相続人は相続の3年前まで持ち家を所有したことが無いなど、さまざまな条件があります。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

大阪・兵庫・京都・奈良にお住まいの方に、空き家対策専門会社エルライフは豊富な実績と専門知識があります

相続した後の対処法、所得税対策のために売却する

「新しく入居する」の対処法がうまくいかなければ、相続税を減額することは厳しい状態にあります。そこで平成28年度税制改正で創設された、所得税を控除できる「被相続人の空き家を売ったときの特例」制度を利用すると、譲渡所得の金額から最高3000万円まで控除することができます。しかし、家屋と土地を一人の相続人が取得していることや、売却代金が1億円以下であること、令和5年12月31日までの間に売却する、家屋自体が要件を満たす必要があるなど、他にも適応条件をたくさんクリアしなければまりません。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事