守口市で不動産を  相続した!そもそも、相続の流れとは?
株式会社エルライフ

守口市で空き家相続不動産でお困りの方

親が所有していた実家などの空き家相続が発生した場合、親など被相続人の死後すぐに相続の手続きが必要となります。手続きでは、まず、遺言書の内容を確認し、戸籍謄本を取って法定相続人を確定することが必須です。さらに、相続を受けるか、放棄するかの選択を行い、それに応じた手続きが求められます。遺言書がなければ、法定相続人の確定後に遺産分配の詳細を話し合い、遺産分割協議書の作成をしなければいけません。その後、決められた分配通りに相続不動産をはじめとした財産すべての名義変更や相続登記を行い、受けた相続に応じた相続税の申告・納付を行います。手続きには、たとえば、相続放棄や限定承認は3カ月以内に行わなければいけないなど、期限が決まっているものもあるため注意しなければいけません。守口市を対象にした、弁護士や司法書士と連携のある空き家専門業者といった専門家による無料相談も行っているため、不安がある場合には利用してみるのもよいでしょう。

自宅訪問可能・無料相談会実施中。
Check!
相続した不動産空き家だけどどうすればよい?
介護施設の利用などで長く空き家となっていた実家などを相続した場合、すでに住まいを別に持っていると、どのように対処すればよいのか迷うこともあるでしょう。また、相続した不動産に住む意思が自分にはあったとしても、相続を受ける人がほかにいる場合だと、ほかの相続人が相続放棄をしなければ必ずしも希望通りにいきません。相続不動産に資産価値があれば、一般的には相続人が共有で維持管理するか、賃貸物件として他人に貸すか、売却するかの3つの方法から選択することになります。
Point1

空き家を維持管理するメリット・デメリット

空き家の実家を維持管理すれば、思い出のある場所を残しておくことが可能です。ただし、維持管理する場合には固定資産税や火災保険料、定期的なメンテナンス費用などさまざまなコストがかかります。このため、将来誰かが住む予定がないならデメリットのほうが大きいことが通常であることを知っておきましょう。

Point2

空き家は人に貸す方法もある

人に貸す場合、ただ残しておくことに比べると賃料が入る分、コスト的には維持が楽です。ただし、賃貸物件として貸し出しても、必ず利益が保障されているわけではありません。また、初期費用や借り手の希望者を集めるためのリフォーム費用など、人に貸すためにはさまざまなコストがかかります。

Point3

売却を決めたら、早めの行動を!

使用しない不動産に出費を続ける余裕がない場合や、貸し出しに向けてまとまった費用を用意できないのであれば、売却が現実的な選択肢です。空き家は誰も使用せずに放置しておくと、どんどん劣化してしまい価値が下がってしまいます。そのため、売却を決めたら早めに動き出すことが大切です。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
9:00〜22:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
9:00〜22:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

大阪・兵庫・京都・奈良にお住まいの方に、空き家対策専門会社エルライフは豊富な実績と専門知識があります

メリットのある売却!守口市で売却するなら利用したい制度

売却をすれば維持にかかるその後の費用を負担せずに済むばかりか、不動産価値が下がる前の現在の価値で空き家を現金化することができます。少子化が進むなか、今後空き家が増えることも予想されているため、早めの売却が少しでも高く売るための対策です。2016年より始まった空き家の発生を抑制するための特例措置を利用すれば、相続した空き家の譲渡所得から3000万円の特別控除を受けることができます。また、守口市では一定の条件に合った古い木造賃貸住宅相続した場合、解体費用の一部を補助してもらうことも可能です。さらに、売却した物件を多くの人に見てもらうためには、守口市が行う空き家バンク制度への登録も方法となります。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事