八尾市で増える空き家相続不動産の問題
株式会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

八尾市で空き家相続不動産でお困りの方

八尾市は28万人の人口を抱える大阪の中核都市です。人口比率から見ると全国平均よりも八尾市の人口は高齢化が進んでおり、親元を離れて暮らす子供世帯も多い傾向にあります。このような八尾市にあって、相続税や相続不動産が悩みの種となっているケースが多く、特に親元を離れて別で暮らす子供が両親が他界してしまったことで空き家となった実家を持て余すケースが問題となっているようです。空き家となった実家や相続不動産について専門家にアドバイスしてもらうため、無料相談に訪れる方も後を絶ちません。空き家相続不動産の問題は今後も増加していくことが見込まれています。空き家相続不動産で困らないためにはどうすればよいのか、どのような問題があり、解決策があるのか解説していきます。

プリズムホールにて、月2回無料相談会開催中。
Check!
売却する
まず、解決策として挙げられるのが空き家相続不動産を売却してしまうことです。時間的にも金銭的にもコストがかからない方法は現状のまま手つかずで売却してしまう方法です。リフォームや解体費用は買主側が負担することになり、売主側は負担が軽く済みます。しかし、その分売却費用も低くなってしまう点には注意が必要です。また、売れるのに要する期間も長くなり、維持費用がかさむ場合もあります。リフォームするか更地にしてから売却すればコストはかさみますが、売却費用は高くなります。リフォームの場合、コストに見合った費用が回収できるかが問題となります。
Point1

賃貸

不動産の売却は金額も大きいことからハードルが高く、買い手が見つかるまで時間を要することが多い傾向にあるため、少しハードルを下げて賃貸に出すというのも一つの手です。管理し、人が住むことで家の老朽化を遅らせることもできます。その場合は大家としてどのような責任を負うのか、事前に把握しておく必要があります。

Point2

解体

建物は人が住まないと風通しをしないため、湿気などにより傷みやすくなって老朽化が進みます。シロアリや害虫の住処になったり、台風や火事などで近隣とのトラブルにもなりかねません。管理をしなくてもよくなるという点で解体してしまうのも方法の1つです。

Point3

別の事に活用

住居にこだわる必要はなく、土地の利用という観点から様々なことに活用するのも良い方法でしょう。駐車場にすれば一定の収益が見込めますし、また立地が良ければコンビニやスーパーのような店舗などの事業者に貸し出すことも可能です。自動販売機や農地に活用する方法もあります。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

大阪・兵庫・京都・奈良にお住まいの方に、空き家対策専門会社エルライフは豊富な実績と専門知識があります

借り上げ

現金の相続財産がある場合、相続不動産空き家を放棄するという選択肢は難しく、放棄した場合でも相続不動産空き家の管理はしなければなりません。相続不動産空き家を手放すべきか活用すべきか悩んで決断できない場合には借り上げにしてみるというのも一つの手段と言えます。借り上げとは、相続不動産空き家を投資事業者に委託してリフォームや管理をしてもらい、第三者に一定期間貸し出すことを指します。借り上げは家賃収入も見込め、管理の手間もありません。管理期間が終了すればリフォームされ、管理維持された状態の空き家が戻ってくることになります。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事