箕面市で空き家   相続不動産で    お困りの方
株式会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

箕面市の空き家相続不動産相談窓口は?

大阪府箕面市は、大阪府の北西部に位置しています。市の北部は明治の森箕面国定公園を含む山間地域で、南部には千里丘陵が、中央部は平地が広がっています。大阪市内へ阪急箕面線で約30分というアクセスの良さから、ベッドタウンとして発展してきました。現在、彩都エリアを中心とした再開発や、2023年までに地下鉄御堂筋線と直結する北大阪急行線が箕面市まで延伸されることなどから、箕面市の地価は上昇傾向にあります。

箕面市の空き家相続不動産でお困りの方には、大阪の住まい活性化フォーラムで空家の有効活用等の相談を含めた中古住宅の売買やリフォームに関する専門的な相談窓口を開設しています。また、所有している空家に関する一般的な相談なら、箕面市みどりまちづくり部営繕課にも相談窓口があります。また、不動産業者で、士業と連携させているところであれば、税理士・弁護士・司法書士・土地家屋調査士などあらゆる士業と無料で相談できるところもありますので一度相談してみては。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
箕面市で空き家相続不動産を長期間所有するデメリットとは?
空き家を長期間所有することにはデメリットがあります。1つめは、空き家の資産価値がだんだん下がっていくことです。たとえば築8年の空き家を5年所有しているうちに築13年になってしまったとすると空き家の資産価値は変わってきます。2つめは、空き家を所有していると、空き家にかかる固定資産税を払い続ける必要があります。3つめは、空き家を所有していることで管理費や交通費がかかります。空き家は放置しておくと建物の劣化が早まるので、定期的に室内を掃除したり庭の手入れをしたりして、きちんと管理する必要があります。空き家が自宅から遠方にあるならその都度交通費もかかります。
Point1

箕面市で空き家相続不動産を売りたいと思ったら?

まず考えるのは、空き家付きで物件が売却できるかです。築年数が古い物件などは建物には資産価値がないとみなされるのが現状です。そうした場合は空き家を解体した方が売り手がつく場合もあります。不動産業者は空き家の現状を見て具体的な売却方法の相談にも応じてくれるので、信頼できる不動産業者を探してみましょう。

Point2

空き家を専門的に取り扱っている不動産業者を選ぼう

もし空き家を売りたいと思ったら、空き家を専門的に取り扱っている不動産業者を選びましょう。不動産業者といってもマンションの売買に強い、土地の売買に強いなどそれぞれ得意分野があります。空き家を専門的に売買している不動産会社なら、不動産売買の仲介がうまくいかない場合に様々な対応をとってくれます。

Point3

空き家と地理的に近い不動産業者を選ぼう

空き家を売却するときは、物件と地理的に近い不動産業者を選ぶようにしましょう。物件に近い不動産業者なら、地域に関する情報も売却ノウハウも豊富です。物件が遠方にあるような場合は、直接打ち合わせをする機会がなかなか持てないので、メールや電話できちんと連絡がとれる不動産業者を選びましょう。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

大阪・兵庫・京都・奈良にお住まいの方に、空き家対策専門会社エルライフは豊富な実績と専門知識があります

遺産分割などで売り急ぐ場合は直接買い取りをしてくれる不動産業者を選ぼう

遺産分割の必要がありできるだけ早く空き家を処分したい場合、買い手を待つよりも不動産業者に空き家を買い取ってもらった方がよい場合もあります。不動産業者によっては、不動産の売買の仲介だけではなく買い取りをしてくれるところもあるので、事情があって売却を急ぐ場合は検討してみましょう。

箕面市で空き家相続不動産でお困りの方に、空き家相続不動産についての情報をお伝えしました。信頼できる不動産業者を選んで、空き家相続不動産を有効活用してください。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事