東大阪市で空き家  相続不動産で    お困りの方
株式会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

東大阪市で空き家問題の解決を考える

東大阪市で空き家の処理にお困りの場合には、無料相談を活用していくのがおすすめです。使えない・処分できない空き家については、現在は社会問題として知られていますが、この解決は難しい面があります。自分で購入しなくとも、相続不動産として手元に転がり込んでくるケースが多く、その後の処理ができなくなって、手詰まりになりやすいのです。空き家には立地条件が悪かったり、建物が古くなっていて人が住めないなどの問題が山積していることが少なくありません。そこで解決法を考えようにも、法的に建て直しできなかったり、寄付しようにも貰い手すら見つからないと八方塞がりの問題が生じてくるのです。

このような使えない物件でも、持っていると固定資産税は要求されてきます。おまけに、建物が倒れて人が怪我をすれば、民法上の工作物責任が生じ、賠償請求されるリスクもあるので、そうなる前の対策が大切です。また、不動産については多額の相続税が課せられることもあるため、これも早めに対策を考えましょう。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
空き家が手放せない理由
ボロボロの空き家なのに、建て直しも取り壊しもできないのでは、買手は中々見つからないでしょう。ここで何とか解決を考えたいものですが、これを阻む障害が幾つかあります。まず、地方自治体に引き取ってもらうと言う手段ですが、利用価値がないと判断すれば、無償でも貰ってくれません。ならば動産を捨てるように、不動産物件の所有権を放棄すればと言う考え方もありますが、この制度は用意されておらず、実現はできないのです。つまり、不要な物件でも固定資産税はかかるので寄付・贈与も難しく、法的に「こんなの要らない」と放り出すこともできない状態になっています。
Point1

解決の糸口はあるのか

何かと処理が難しい、使えない空き家問題ですが、現在は解決の糸口があります。空き家専門の買取サービスが登場するなどして、売れる可能性が出てきました。東大阪市は住宅・事業用とともにニーズはあると考えられるため、このようなサービスを検討してみるのはおすすめです。

Point2

相続放棄で解決できるか

親の遺産にボロボロの不動産物件がある時には、相続放棄によって取得を回避する考え方はあります。しかし、これは完全な解決策とは言えません。相続放棄をしても、不動産の持ち主が決まらない場合には、相続権を持っていた者に責任が生じ得るのです。

Point3

相続放棄後の管理責任について

相続放棄をしたとしても、貰い手が見つからないと、管理責任が生じてきます。このために、例え遠隔地の物件であっても問題が生じれば、自身の責任として損害賠償なども要求され得るのです。相続財産管理人に任せても、これにも報酬を支払い続ける義務があります。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

大阪・兵庫・京都・奈良にお住まいの方に、空き家対策専門会社エルライフは豊富な実績と専門知識があります

不動産相続に関してはプロに相談

不動産相続に関しては空き家もそうですし、相続税の問題もあります。これらに関しては法的知識が豊富な専門家への相談が、不可欠と言えるでしょう。空き家については国に引き取ってもらえる可能性もありますし、相続税については上手な節税を考えていきたいものです。この空き家相続税の問題から、相続人間で押し付け合いになり、諍いが発生することもあります。いずれにせよ、問題が生じてからでは手遅れになってしまうケースが多いです。相続が発生した場合や、その可能性が出てきた場合には、早めに相続問題を得意とするエキスパートに、相談していくことが大切。東大阪市では無料相談ができることも多いので、利用してみましょう。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事