大阪市西区の    住宅ローンは専門サービスに相談できる!
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

住宅ローンを滞納したときに家に住み続けることは可能?

返済中の住宅ローンを滞納しても、一定期間は家に住み続けることは可能です。1カ月程度の滞納であれば、すぐに約定返済額を支払うことでそのまま返済を継続できます。ただ、滞納が数カ月以上続いたときには、家に住み続けることが難しくなるケースもあります。以後の返済がどうしてもできそうにない場合、家を売却して売買代金を債務に充てるのが一般的です。大阪にある任意売却専門会社エルライフのご相談センターでは、このような住宅ローンの返済に悩む人の相談にのっています。

こちらの会社は、任意売却をサポートするのが特徴です。そのまま家に住み続けたいときのリースバック相談も受け付けているため、希望に近い形で問題が解決できる可能性があります。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
任意売却やリースバックって?
任意売却は、金融機関などの債権者の許可を得て家を売却し、債務を返済する方法のことです。任意売却は、競売よりもおおむね高く売れるのがメリットになっています。リースバックは、売却した後に家を買主から借りる形でそのまま住み続ける方法です。
Point1

債務の額が大きいときは個人再生という方法もある

住宅ローン以外のローンでも家を担保にしている場合などは、債務の額が高額になりがちです。債務の額が大きいときは、債務を減らして分割で返済をしていく個人再生も考えてみる価値があります。任意売却専門会社エルライフのご相談センターの無料相談を利用すると、どのような方法が可能かがわかるかもしれません。

Point2

ローンを滞納したときのリスクは?

住宅ローンなどのローンを滞納すると、信用情報機関に本人の事故記録が登録されるだけでなく、連帯保証人にも影響がでることがあります。債務者本人が返済できない場合、金融機関では連帯保証人に請求をおこなうのが一般的です。

Point3

住宅金融支援機構の住宅ローンを滞納したときの流れ

住宅金融支援機構の住宅ローンを滞納した場合、まずは督促状・催告書などが届きます。その後も郵便物や電話連絡で支払いの催促がおこなわれ、滞納が3カ月前後になると任意売却のパンフレットや申出書が届くのが一般的な流れです。5カ月以上たつと最終の督促である「金額繰上償還請求予告通知」などの文書が送付されます。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

督促状がきたらすぐに対処が必要

任意売却について詳しく知りたい方は気軽にご相談ください

以後の住宅ローンが払えない場合、督促状・催告書がきた時点で早めに対処をすることが必要です。住宅金融支援機構などの金融機関の住宅ローンは、事情を話して相談をすることで返済の条件を変更できるケースもあります。返済期間を延長して月々の支払い額が減らせたり、返済が難しい時期だけ一時的に支払い額が減額できたりします。任意売却について考えるのも、できるだけ早いほうがメリットがあります。住宅ローンで悩んだときは、1人で問題を抱えずに任意売却専門会社エルライフのご相談センターなどに相談してみましょう。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事