吹田市で住宅ローンの悩みを抱えた場合には早めの相談
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

代位弁済が行われたならば相談

住宅を購入するということは、非常に大きな買い物であり、新築であれ中古であれ一括で購入することができる人はあまりいません。そのような人々であっても安心して住宅を購入することができるような仕組みが住宅ローンです。しかし、月々行うべき住宅ローンの支払いが遅れてしまうと、住宅ローンの債権者が様々な手続きを行って、最終的に競売にかけられて住宅を失うことになる可能性も大いにあります。住宅ローンの返済が滞った際に行われる手続きのひとつとして、保証会社が住宅ローンの支払いを代行する代位弁済というものがあります。代位弁済が行われてしまったならば、いよいよ返済が難しくなってしまうので任意売却専門会社エルライフをはじめとした専門家に相談することがおすすめです。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
期限の利益の喪失が行われると一括返済
住宅ローンを滞納してしまっても、すぐに一括返済や競売を迫られてしまうわけではありません。これは期限の利益という一定の期間受けることができる権利に守られているからです。しかし期限の利益の喪失も行われると一括返済を求められるので、任意売却を検討することをおすすめします。
Point1

病気(心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中・癌など)で住宅ローンの滞納をしてしまったならば

住宅ローンをはじめとした借金の滞納をしてしまう理由のひとつとして、病気気(心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中・癌など)をあげる人は数多くいます。病気で満足に働くことができないことで滞納してしまった場合は、任意売却専門会社エルライフや住宅金融支援機構、弁護士などが行う無料相談を利用すると住宅ローンばかりではなく生活の立て直しの解決策を模索してくれます。

Point2

離婚による住宅ローンの問題は複雑

住宅ローンの問題は離婚によって生じることも多いです。離婚により慰謝料の支払いで住宅ローンを滞納することもあれば、離婚によって名義人と別の人が住宅に住むことで問題が発生することもあります。また、元パートナーが連帯保証人となっていることもあるので、離婚前に対策を立てることが必要です。

Point3

リストラで滞納することも

住宅ローンの滞納は、名義人のリストラによって引き起こされることも多いです。住宅ローンの支払い計画は、月々の給与やボーナスを見込んで行われるものです。そのため、リストラして働き口をなくしてしまうと、住宅ローンを支払う当てをなくしてしまいます。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

流れに流されるのではなく対策を

任意売却について詳しく知りたい方は気軽にご相談ください

住宅ローンの支払いは必ずしも順調に行われるものではありません。病気離婚リストラなど様々な理由によって払えないという状況になることも大いにあります。そのような場合、何もしないでいると期限の利益の喪失代位弁済を経て競売へと至ってしまうでしょう。住宅ローンの問題に悩まされているのならば、流れに流されてしまうだけではなく、自分で対策を立てることが重要です。任意売却という解決策は早ければ早いほど良いので、できだけ早い段階で任意売却ご相談センターエルライフに相談することをおすすめします。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事