大阪市中央区で   住宅ローンを返済できないときには理由に 応じて対策しよう
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

代位弁済の前後でできる対策が違う

住宅ローンが払えないと思うようになる理由として病気(脳梗塞・心筋梗塞・・脳卒中・癌など)や離婚リストラ・給料減額・ボーナスカットなど様々なものがあります。その理由によってできる対策にも違いがありますが、いつ対策しようと考えるかによってもできることが大きく変わるので気をつけましょう。特に大きな変化をもたらすのが代位弁済の実行です。代位弁済とは住宅ローンを利用している金融機関に対して保証会社が肩代わりの支払いをしてくれるもので、保証会社が債権者になります。これによって住宅ローンとは異なる債務になるので、できる対策も変わってしまうのです。どちらの場合にも任意売却による対策は可能なので、シンプルな考え方としてはまず任意売却相談センターの任意売却専門会社エルライフに相談してみるのが良いでしょう。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
代位弁済が行われてしまったら任意売却
代位弁済が行われた後は実は任意売却くらいしか選択肢が無くなります。期限の利益の喪失が起こり、住宅ローンのように分割返済ができなくなって一括返済を求められるからです。もし代位弁済が行われたらすぐに任意売却専門会社エルライフに相談しましょう。
Point1

病気の場合には保険を使える可能性がある

住宅ローンを払えない理由によっては他の対策が可能な場合があります。例えば、病気の場合には住宅ローンを始める際に入った保険を使えることがあるので確認してみましょう。住宅ローンを組む時点でも無料相談でどんな保険があるかを確認しておくのが大切です。

Point2

離婚の場合には誰が債務を負うかを考えよう

離婚した場合には本当に自分に債務があるのか配偶者はどうなのかを確認しましょう。住宅ローンの名義人と連帯保証人が誰かによって義務が誰にあるかがわかります。また、共同名義になっているときには離婚のときに債務をどうするかを協議するのが大切です。

Point3

リストラ・給料減額・ボーナスカットされたらすぐに対処しよう

リストラされたらすぐに就職できないといつかは滞納することになるでしょう。また、給料減額・ボーナスカットなど早めに金融機関に相談して支払い期間や支払額の調整をしてもらうか、返せなくなって滞納する前に任意売却を試みるのが典型的な対策です。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

任意売却をするにはどうしたら良いか

任意売却について詳しく知りたい方は気軽にご相談ください

任意売却が最も良い対策だと思ったらどんな流れで行うのかを理解しておきましょう。住宅ローンが払えないとわかった時点で専門業者に相談し、債務状況や物件情報を伝えます。そして、業者に販売活動をしてもらって買い手を見つけ、売買契約をするというのが基本です。販売価格の設定には住宅金融支援機構、任意売却の確定には債務者の承諾が必要になります。その交渉も業者に行ってもらえるので信頼できる業者に依頼するのが大切です。その候補として任意売却のプロである任意売却専門会社エルライフを活用してみましょう。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事