急な体調不良でローン返済が困難になった場合は任意売却が便利
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

住宅ローンの返済が 困難になる理由の多くは債務者の急病

住宅ローンは長期的な返済計画に基づいて利用しますが、様々な理由でその計画に支障が及ぶことがあります。なかでも債務者が急病によって体調不良に陥るケースが多く、働き盛りの人が癌や心筋梗塞、脳卒中などの病気を患ってしまい、働くことが困難になってしまうのです。そうなると収入は著しく減少し、住宅ローンの返済に回すだけのお金を確保することができません。病気を理由にした生活の困窮は年齢や性別などに関係無く、誰にでも起こる可能性があることを忘れてはいけません。病気を患わないために日頃から健康状態に気を配ることはもちろん大切ですが、万が一の事態に陥っても適切に対処できる方法を知っておくことも必要な心得なのです。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
三大疾病による失業は意外と多い
俗に三大疾病と呼ばれるがんや心筋梗塞、脳卒中は症状が重篤化しやすく、治療に長い時間がかかります。そのため、長期間の休職を理由にした解雇の対象になりやすく、失業のリスクが大きいのです。病気を患って失業すると、治療費の支払いと収入の減少という二つの問題に悩まされることになります。
Point1

ローンの返済が滞ると住宅が競売にかけられる

失業による収入の減少で住宅ローンが返済できなくなると、金融機関は住宅を競売にかける目的で差し押さえることがあります。そうなると強制的に住宅の所有権が無くなり、その後の生活に大きな支障が及ぶのでそのような事態は回避しなければいけません。

Point2

任意売却の詳細

任意売却は住宅ローンが残っている物件を売却して現金化する行為です。売却した後もローンの支払いは残るので、任意売却を行うにはローンを組んだ金融機関の同意が必要になります。手続き上は通常の不動産物件の販売と同じなので、市場価値に沿った金額で売れる可能性があるのです。

Point3

任意売却のメリットとデメリット

任意売却は物件を所有している人の経済事情が公にはなりません。また、買主に対して買取金額や手続きの日時といった希望を主張できるのもメリットのひとつです。その一方で必ずしも売れるとは限らない他、債権者である金融機関が任意売却に同意しない可能性もあります。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

任意売却は住宅ローンの返済が困難になった時に便利だが注意点も多いので任意売却の専門家に相談するのが最適

任意売却について詳しく知りたい方は気軽にご相談ください

収入の減少によってローンの返済が困難になった以上、物件を手放すのは仕方がない選択と言えます。しかし、その場合でもできるだけ高い金額で現金化することが重要です。任意売却は形の上では普通の不動産物件の販売と同じなので、市場価値に沿った金額で売却することが可能です。しかし、任意売却を行うには不動産や金融に関する知識が必要な他、買い手を見つける手間もかかります。素人では非常に困難と言えるので、人売却専門会社エルライフが実施している任意売却相談センターのようなサービスを利用するのが賢明な判断です。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事