住宅ローンが滞納、 延滞、滞った場合の 対処法
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

ローンが払えない場合の対処方法

住宅ローンを組む際に、保証会社を通じて代位弁済の契約を行った場合には、住宅ローンの滞納が生じ、督促状が来るようになると、強制執行を受ける可能性が生じてきます。失業、リストラ、給料減少、ボーナスカット、病気などの理由により、収入が減少してしまい、住宅ローンの支払いに影響が出るケースは多いものです。生活に対する支払い負担が多く、ローン返済が困難と考える場合には、早い段階で任意売却を検討するのが良いでしょう。ローンの支払いが困難な場合だけではなく、離婚の際など、急ぎで物件売却を行う必要が生じた場合なども、ローンの残債が残っている状態であっても、任意売却なら物件売却は可能です。物件売却後は、新居への引越しを考えるのが普通でしょう。任意売却の際には、生活の再建をするための転居費用の捻出も可能な場合があります。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
任意売却なら市場価格に近い価格で売却可能
住宅ローンが滞った、滞納した、延滞になった場合には、そのまま支払いを放置してしまうと、裁判所を介した強制執行を受けることになり、市場価格よりも安い価格での物件売却を行うことにもなりかねません。任意売却の手段を用いて売却を行えば、費用を気にすることなく、市場価格に近い値段での物件売却が可能になります。
Point1

抵当権が設定されている場合でも任意売却は可能

任意売却は、自宅に抵当権が設定されている場合でも可能です。抵当権解除には、それなりに費用もかかり、ローン返済に困っている状態では、費用の捻出が難しく、売却実施を躊躇する方が多かったりします。任意売却専門会社の多くは、抵当権解除にかかる費用も売却代金から清算しますので、余裕が無くても売却することは可能です。

Point2

残債が残っている状態でも任意売却なら売却可能

物件売却を行う際にも、自宅の査定価格が低い状態だと、足りない部分を補填しなくては売却ができなくなります。オーバローンと呼ばれるこの状態では、通常の売却は難しくなっていきます。任意売却であれば、残債が売却価格を上回る状態であっても売却することが可能です。

Point3

離婚時の財産分与にも対応

離婚の際には、早急に財産分与の必要が生じる場合もあるものです。物件を売却しようにも残債が多くうまくいかない場合には、任意売却を用いて売却を進めるのも良い方法です。任意売却を用いることで、夫婦間の金銭問題も解決します。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

任意売却の相談は無料で行えます

任意売却について詳しく知りたい方は気軽にご相談ください

任意売却の相談は多くの業者で無料で行えます。住宅ローンが滞っている方の場合、生活に困窮しているケースも多く、任意売却を依頼するにも、多額の費用が掛かるのではと依頼することを躊躇したりもするものです。殆どの任意売却業者では、無料で相談することが可能です。仲介料や、抵当権の解消にかかる費用も売却益から控除して配当されることが多く、スムーズな物件売却を実現することが可能です。ローンの支払いに悩んでいる場合には、早めに任意売却を検討するのが良いでしょう。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事