任意売却は個人再生などの法的手段で   住宅ローン返済が  難しい場合の手段
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

個人再生を用いても 債務の支払いが難しい場合には任意売却の 実施を検討しましょう

住宅ローンの支払いが困難になった場合には、任意売却を検討するのも、ひとつの手段です。収入の減少などで既存の債務の返済が難しくなった場合には、個人再生を試みて、返済金額の圧縮を考えるのも良いですが、失業が長期化し、返済計画の立て直しが見込めない場合には、任意売却の手段を講じたほうが良い場合も多いものです。任意売却は、住宅ローンの支払いが困難な場合の対処だけではなく、離婚時の財産分与にも利用される物件売却方法です。連帯保証人がいる場合には、事前に説得を心がけ、スムーズな売却の実現を進めましょう。任意売却を行った後に残った債務が連帯保証人に請求されることが無いよう、保証人が付いているケースに詳しい法律事務所を選ぶことも大切です。法律事務所を選ぶ際には、物件の売却後に必要になる引越し費用の捻出を行えるところを選びましょう。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
収入が減って債務の支払いが困難な方は任意売却の検討をしましょう
失業や倒産などの理由により、収入の減少が生じてしまい、住宅ローンの支払いに困ってしまう場合には、任意売却を検討するのが良いでしょう。競売のように裁判所を介した強制執行とは違い、市場価格に近い価格での物件売却が可能です。
Point1

離婚による財産分与の際にも任意売却は有効

離婚により、共有財産の処分の必要が生じた場合でも、任意売却は有効な手段になります。残債が残っている状態でも無理なく売却を行うことができる任意売却であれば、ローン返済中の自宅であっても、迅速に処分することが可能です。

Point2

個人再生でも支払いが困難な場合には任意売却を検討しましょう

借金が嵩んだ際に対応する手段として挙げられるものに個人再生があります。既存の債務を圧縮し、利息分を差し引いた金額を5年に亘り支払う形の債務整理ですが、再生という手段を用いても債務の弁済が難しい場合は、任意売却を検討してみるのも良いでしょう。

Point3

連帯保証人がいる場合には経験豊富な専門業者へ相談しましょう

売却を考えている物件に連帯保証人がいる場合には、任意売却後に残った債務が、連帯保証人に請求されてしまう可能性も有り得ます。残債を整理する際に、債権者が連帯保証人に対して請求を行うことが無いように、ノウハウを持った専門業者を選んでいきましょう。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

任意売却の相談は無料で行うことが可能

任意売却について詳しく知りたい方は気軽にご相談ください

住宅ローンの支払いが半年以上停滞してしまうと、裁判所から一括支払いの通知や、競売の案内などが届いてしまいます。収入減少により、月の支払いが困難になっていると感じた場合には、早い段階で任意売却の相談を行いましょう。殆どの任意売却業者では無料で相談をすることが可能になっています。住宅ローンの支払いから解放され、生活費の負担が減少すれば、人生の再設計が可能になります。無理して返済を続けるよりも、早めに売却の相談を進めましょう。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事