住宅ローンが払えなくなった場合の流れと その対策について
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

住宅ローンが払えなくなると

マイホームを持つことは、多くの人々にとって大きな夢ではありますが、非常に大きな買い物であるため、一括で購入することができる人も少ないです。そのような場合に活用するものが、住宅ローンであり何年もかけて住宅ローンを返済していくことになります。しかし、社会情勢や景気などによって、必ずしも住宅ローンを順調に返せるわけではありません。住宅ローンを払えないとなると、銀行や債権者から住宅ローンの支払いを求める督促状が届き、それでも支払いがなされない場合には代位弁済などといった手続きへと進みます。住宅ローンが払えない場合にどのような手続きがなされるのか、そしてそれらに対応するための任意売却の手段を知っているかどうかによって、その後の生活は大きく変わります。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
債権者から対応がなされるまでの滞納期間
住宅ローンは、一回でも払い遅れがあったならば、すぐに家に住めなくなるような対応がなされるわけではありません。順序を追って手続きが進むもので、滞納をしてもまだ1ヶ月未満程度ならば、特に何らかの反応がないこともあります。しかし、2,3か月滞納が続くようであると手続きが進むので、早めの返済が必要です。
Point1

まずは督促状

住宅ローンの返済を滞納した場合、まずは債権者から様々な書類によって返済を求められます。これは督促状や催告状と呼ばれるもので、この書類が出ているだけの段階で返済すれば、特に不利益を被ることはありません。次第に電話での返済要求がなされるようになります。

Point2

代位弁済

滞納が4カ月から6か月と長くなると、債権者から「期限の利益の喪失通知」という書類が届き、月々の支払で住宅ローンを返済する手段をなくし、一括の返済しか認められなくなります。その後、保証会社が代理で返済した代位弁済という通知が来て、以降は保証会社から返済要求がなされるようになります。

Point3

競売へ

代位弁済をされても返済をしないと、保証会社は競売という手段でもって、返済を求めてくるようになります。これは不動産を担保として差し押さえることであり、裁判所からの通知もあるので抗議しても数か月後には実施され、わが家を失ってしまうでしょう。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。
特徴

任意売却で少しでも有利に

任意売却について詳しく知りたい方は気軽にご相談ください

保証会社が競売という手段に出て、マイホームが競売にかけられてしまうと、住む場所をなくします。どうせ返済できるあてがないのだから競売も致し方ないと思う人もいますが、競売の場合必ずしも債務者にとって有利な条件で売却されるとは限りません。そのため、競売にかけられてしまう前に任意売却という手段をとることがおすすめです。任意売却を行えば、高価売却ができる可能性や引っ越し期日に猶予を持たせること、諸費用を確保できるなどといったメリットがあります。住宅ローンの返済にお悩みの際、まずは任意売却相談センター・任意売却専門業者などに相談してみてください。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事