病気住宅ローンが 払えなくなったら? 解決法を解説!
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

住宅ローンの支払いが滞ったときのリスク

住宅ローンの支払いが滞っている場合、リスクが深刻になるのは延滞をして3カ月以上経過したときです。3カ月以上延滞が続くと、信用情報機関に延滞履歴が登録されたり、保証会社から代位弁済手続き開始のお知らせが届いたりします。こうなると、金融機関からの信用が著しく低下するのはもちろん、最終的に家を失うことにもなりかねません。債務者のローンの返済が滞ると、金融機関では一定の順序で手続きを進めていきます。督促状や催告書の送付や電話での入金の催促などがおこなわれている間に、手を打つのが重大な事態に陥るのを避ける方法です。債務者が心筋梗塞や脳卒中などになって支払いが困難になった場合でも、病気を理由に支払いを長期間待ってもらえるケースは少ないため注意をしましょう。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
病気のときは加入保険の詳細を確認してみよう
心筋梗塞や脳卒中などの重い病気にかかってしまったときは、加入している生命保険の詳細を確認するのが1つの対処法です。住宅ローンを契約するときに団体信用生命保険に加入している場合は、約款などをチェックしてみましょう。
Point1

団体信用生命保険が使えるケースもある

住宅ローンと同時に申し込みをする団体信用生命保険では、債務者に重度の障害が生じたときに残債を保険会社が支払ってくれるケースがあります。病気が原因で寝たきり状態になってしまったときなどは、このような保険が使えるかもしれません。

Point2

疾病保障つきの保険ならリスクが最小限になる

団体信用生命保険には、がんや心筋梗塞、脳卒中などに罹患したときに保険で残債がカバーできる疾病保障がついたタイプもあります。こういった商品に加入していると、万が一、病気になってもリスクが最小限に抑えられます。

Point3

家を任意売却で処分するの1つの方法

生命保険に加入していなかったり、給付の条件に該当していなかったりするときは、任意売却も解決法の1つです。任意売却は、金融機関と交渉して家を売却し、売却金額で残債を支払う方法です。競売よりも高く家が売れるのが、任意売却のメリットです。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。
特徴

任意売却の相談にのっている「株式会社エルライフ任意売却相談センター」

任意売却について詳しく知りたい方は気軽にご相談ください

任意売却をする際には、任意売却専門のサービスを利用する人が多いです。例えば、大阪府にある株式会社エルライフ任意売却相談センターなどは、任意売却のサポートに力を入れている専門サービスです。大阪府や兵庫県、京都府、奈良県などの関西地方の物件を任意売却したいときは、このようなサービスが力になってくれるかもしれません。任意売却の進め方や金融機関との交渉について知りたいときにも、相談にのってもらえる可能性があるでしょう。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事