大阪市港区 税金滞納による差し押さえ
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

大阪市港区で税金滞納による自宅差し押さえの場合、任意売却できず住宅ローン残債が多く残る!

大阪市港区で、税金滞納による自宅差し押さえで、悩んでいる方はいませんか。税金滞納で自宅を差し押さえられた場合、任意売却をすることはできず、国税庁や地方自治体によって公売されてしまいます。公売とは、法律に基づき公の機関によって強制的に売買されることです。公売は競売と同じように、市場価格の7割程度で落札されるため、任意売却のように市場価格に近い価格での売却が見込めません。そのため、住宅ローンの残債が多く残るだけでなく、滞納した税金も残ってしまう可能性があります。

これは、抵当権(担保)設定日と、差押登記の法定納期限(滞納した税金の納付期限)の日付の早いほうが、優先的に売却したお金を受け取ることができるからです。そのため、抵当権設定日のほうが日付が早い場合、売却したお金は抵当権設定者(住宅ローン借入先)に優先して払われるため、滞納した税金が残ってしまう可能性があります。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
差し押さえを解除しないと任意売却できない
自宅を差し押さえられた場合、差し押さえの解除をしてもらわないと任意売却できません。解除をするには、不動産評価額の鑑定書などの客観的な証拠を示して、税金を完納できるということを示さないといけません。しかし、一度差し押さえられた不動産を解除するのは容易ではなく、任意売却専門の知識と経験が必要です。全国的に、任意売却の無料相談窓口はたくさんありますので、相談して任意売却することをおすすめします。では、任意売却をした場合、売却額以外にどのようなメリットがあるのでしょうか。公売された場合と比較して説明します。
Point1

プライバシーが守られる

公売の場合、インターネットや各行政機関に情報公開されるため、近所に知れわたる可能性があります。任意売却の場合、通常の不動産売却と同じ販売手法をとるため、税金滞納のための売却ということを知られる心配がほとんどありません。

Point2

自宅不動産以外の心配がいらない

公売の場合、税金を払ってもらうのが目的のため、差し押さえは自宅不動産だけではありません。給料や動産(自動車・宝石など)も差し押さえることが可能です。任意売却は、不動産売却後に専門家が税金完納の話し合いをしてくれるため、自宅不動産以外を処分する必要はありません。

Point3

引越し代の話し合いができ都合してもらうことも可能

公売は強制的に行われるため、売却後の引越しなどの予定を立てることができません。自宅不動産以外の差し押さえの売却も行われると、引越し代などにも影響します。任意売却の場合、売却後に債権者(借入先)に相談して引越し代を都合してもらうことも可能です。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

大阪市港区にお住まいの方に、大阪の任意売却専門会社エルライフは豊富な実績と専門知識があります

できるだけ早く任意売却を依頼しよう!

このように、任意売却をすると住宅ローンの残債が公売に比べて少なくなるだけでなく、売却後の生活も安心です。専門家に依頼すれば、自宅が差し押さえられた場合でも滞納している税金の悩みが少なくなります。税金滞納で差し押さえされた場合、公の機関は税金を早く払ってもらうために、自宅以外の売却も次から次へと進めていきます。後悔しないためにも、できるだけ早く任意売却を依頼して、滞納している税金の悩みを解決しましょう。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事