神戸市垂水区の方で  離婚により住宅ローンが払えない
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

まずは無料相談

住宅ローンは、夫婦で主債務者と連帯債務者とを分けて負担していることが多く、夫婦関係が円満な場合は何も問題がありません。しかし、夫婦関係に亀裂が生じて離婚ということになると、どちらが住宅ローンを組んだ家に住むのかといった問題に始まり、住宅ローンの支払いをどうするのかという問題に悩まされます。離婚をすると、慰謝料の支払いや養育費の支払い、新生活への費用などといったことで多額の費用が掛かり、住宅ローンが払えないといった事態になりかねません。これを放置すると強制競売などとなり、デメリットばかりに見舞われるので早めの相談が必要です。まずは、金融機関をはじめ、垂水区の対応している任意売却専門業者、弁護士などへ相談することを考えることをおすすめします。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
リスケをする
住宅ローンが支払えなくなった場合の相談は、まずは住宅ローンを組んでいる銀行など金融機関へと行います。銀行へ相談すると、ひと月にいくら返済するのかといった返済条件の見直しや変更に応じてくれる可能性があります。金融機関も住宅ローンを滞納されるよりも、払える範囲で払ってもらいたいため、返済計画の見直し、つまりリスケに応じてくれるでしょう。ただし、リスケは返済計画の見直しであって、減額ではありません。また、家計回復の見込みがなければ応じてくれません。なお、弁護士に相談しても良いですが、着手金はかかります。任意売却専門会社であれば相談料は無料です。
Point1

滞納し続けると強制競売

もし、住宅ローンが支払えない状況を放置し、支払いを滞納し続ければ、最終的に強制競売となります。強制競売とは、債権者が裁判所へと申し立てて行うもので、債務者に拒否権はありません。債権者は、住居の売却代金から住宅ローンの回収を行います。

Point2

強制競売のデメリット

強制競売は債務者にとってデメリットばかりです。住んでいた場合は住処を失うことになるばかりか、強制競売を掛けられていることが周囲に知れ渡り、プライバシーが侵されます。また、強制競売は低価格で落札されることが多いため、あまり住宅ローンの返済にも役立ちません。何より精神的な疲労が大きいです。

Point3

任意売却を選ぶ

リスケに応じてもらえないか、有効なリスケができなければ、強制競売にかけられる前に、できるだけ早く任意売却をすることが有効です。任意売却とは、金融機関の了解を得て売却し、代金をローン返済に充てるものです。任意売却をすれば、経済状況を周囲に知られないほか、高額売却を狙えるメリットがあります。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。
特徴

神戸市垂水区にお住まいの方に、大阪の任意売却専門会社 エルライフは豊富な実績と専門知識があります

任意売却の相談は早く

任意売却を決断したのならば、できるだけ早く任意売却の専門業者に相談することが必要です。任意売却の専門業者は、任意売却の手配をするだけではなく、金融業者との間に入って交渉を進めてくれます。早い段階で相談すればするほど、任意売却期限までの猶予が設けられます。可能な限り高い値段での売却ができるほか、住宅ローンの返済状況に合わせた様々な解決策を提示してくれる可能性が高いです。住宅ローンの滞納が始まった1、2か月の段階での相談をおすすめします。また、強制競売の通知が来ても、任意売却が間に合うこともあるので、相談するほうが良いでしょう。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事