大阪市平野区の方で  離婚後、住宅返済無理。悩まず無料相談
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

平野区で住宅ローン返済が不可能になったら

平野区で住宅ローンの返済ができなくなった時には、そのまま放置せずに無料相談を利用していきましょう。離婚した後には、資金繰りに問題が生じてしまうケースは稀ではありません。財産分与や養育費が絡んだりと、パートナーと別れることになるので大変な面もありますが、つらい事情があっても、ローン債権者は返済を待ってくれないのです。住宅ローンの返済は基本的に3ヶ月滞納すると危険と言われますが、実際には滞納のリスクが生じた時点で、プロに相談していくのがおすすめ。早期の段階ですと任意売却を含め、多数の手段から適切な解決方法を検討しやすくなります。抵当権を発動される前なら、債権者と話し合って、よりソフトな解決策を見つけやすいのです。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
住宅ローン返済を滞納するとどうなるの?
殆どのケースでは、住宅を購入する時には金融機関から資金を借り入れて、購入したマイホームや土地に抵当権を設定している状態になっています。抵当権は返済が続いている間は、お金を借りた債務者が自由に物件を使えるのが特徴です。債務者は土地の所有権・占有権を何の制約もなく保持できます。しかし、滞納が始まってしばらく経過し、債権者が「もう猶予は与えない」と判断すると、話が一変するのです。債権者が抵当権発動と呼ばれる権利行使をすると、法的強制手段によって不動産物件は差し押さえられてしまい、あれよあれよと言う間に、債務者は占有権・所有権ともに失う結果になっていきます。
Point1

差し押さえと競売だけではない滞納リスク

マイホームを差し押さえられると、その次に競売にかけられるのが一般的です。競売は、不動産物件を換価して、債権者が金銭を獲得するための手段となります。この競売による利益がローン返済に足りないと、債務者は家を失ったうえに、引き続き借金を背負うことになるリスクがあるのです。

Point2

差し押さえられる前に任意売却を

任意売却は、ローンが残った不動産を第三者に売ってしまおうという手段です。債務者はこれによって、ローン返済を免れます。新しく見つけた家の買主が代金を払ってくれるので、ローン債権者も安心です。上手くいけば誰にとっても利益があるのですが、これを使うには、ローン債権者からの同意を要する点に気をつけましょう。

Point3

任意売却を成功させるには

任意売却をする際には、ローン債権者との交渉・相談が大切です。ここで同意を得られないと、この手段は使えないことになります。上手に交渉するためには早期の段階で行動を起こすことと、専門家のサポートが不可欠です。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。
特徴

大阪市平野区にお住まいの方に、大阪の任意売却専門会社 エルライフは豊富な実績と専門知識があります

専門家に相談すべき理由

任意売却に関しては、幅広い不動産・法律関係の知識が必要になってきます。借金や抵当権に関するノウハウは当然に重要ですが、税の滞納があって差し押さえを受けている場合の対処など、気をつけたいポイントが極めて多いのです。もちろん、慣れている方でないと、金融機関との交渉もチグハグになって解決が難しくなる可能性は否定できません。ここで、専門家への相談が大切になってくるのですが、どう選ぶかについては悩ましいところです。大阪市平野区で対応している任意売却専門会社は多いので、まずは無料相談を積極的に活用して、信頼できる相手をリサーチしていきましょう。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事