病気やケガで    住宅ローンの支払いが滞った場合の対処方法
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

大阪市東淀川区の方でケガや病気で働けなくなった。住宅ローン返済できない方

住宅ローンは、勤めている企業で受け取っている収入や将来性、ボーナスなどを加味して組まれていくものです。おおよその場合は、無理のない返済計画を立てていくものですが、必ずしもすべて順調に返済できるわけではありません。生きている中では予想外のケガを負う場合や病気に見舞われる可能性は大いにあります。それは主債務者ばかりではなく、家族も当てはまり、その病気やケガが原因で、金銭的な余裕がなくなるほか、場合によっては働けないことで住宅ローンの支払い計画が狂ってしまう可能性も高いです。そのような場合には、生活を立て直すためにも様々な対応を練らなければなりません。主な対応としては、保険を活用すること、金融機関へと相談すること、そして住宅のある東淀川区で対応できる任意売却専門業者に相談することです。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
疾病保障付きの保険を活用する
ケガや病気で働けなくなった場合に、最初に活用するのは保険です。住宅ローンを組む際には、必ず団体信用生命保険に加入することになります。この保険には債務者が死亡、高度障害となった場合には、代わりに返済してくれるという内容が含まれています。また、高度障害に含まれなかったとしても疾病保障付きの保険に加入していれば、代わりに住宅ローンを完済してもらえます。疾病保障付きの保険は保険料は高いですが、保障内容によって働けない危機も乗り越えることが可能です。
Point1

公的制度の利用

保険に加入していない、あるいは条件に当てはまらなかった場合には、公的制度の救済措置を活用することがおすすめです。高額医療費の制度をはじめ、病症手当金、労災保険を活用すれば医療費負担による住宅ローンの滞納を防ぐことができます。

Point2

リスケする

住宅ローンの返済が滞りそうな場合には、金融機関へと相談してリスケしてもらうことがおすすめです。リスケとは返済計画の見直しであり、リスケジュールの略です。毎月いくら返済するのかといったことを見直し、返済可能な条件へと交渉します。

Point3

任意売却する

金融機関にリスケに応じてもらえない場合ももちろんあるので、その場合は任意売却を認めてもらうしかありません。滞納し続けてしまうと強制競売になってしまうので、その前に任意売却をして新生活をできるだけ良い方向に向かわせることが重要です。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。
特徴

大阪市東淀川区にお住まいの方に、大阪の任意売却専門会社エルライフは豊富な実績と専門知識があります

早期任意売却の重要性

任意売却は、滞納を繰り返す前に、できるだけ早い段階で任意売却専門業者へと依頼することがおすすめです。任意売却を行えば、ある程度住宅の売却額の希望を叶えることができるほか、引っ越しのための様々な準備をすることもできます。しかし、任意売却には債権者の同意が必要で、どのような条件で任意売却をするのかも交渉次第となります。できるだけ早い段階で相談しなければ、良い条件での任意売却が難しくなる可能性があります。任意売却専門業者によっては、売却が最良の手段なのかという相談はもちろん、希望に沿った新たな住居探しのサポートもしてくれるので、とりあえず相談するとよいでしょう。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事