大ピンチ?住宅ローンが返せないとどうなる?
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

大ピンチ?住宅ローンが返せないとどうなる?

守口市で住宅ローンが返せないと、一体どうなるのでしょうか?住宅ローン住宅の購入費や改築費を金融機関から借りることを指します。住宅ローンの月々の返済は、ローンを組む際に無理のない金額に設定します。利息分の支払いなども考慮して返済計画を立てますが、病気など様々な理由から返済が苦しくなることがあります。

住宅ローンが返せない場合に支払いの滞納が3ヶ月〜6ヶ月ほど続くと債権者から督促状や催告書が届きます。その後、競売にかけられるか任意売却をするかの選択になってしまいます。競売開始決定通知が届いた場合には、そこから家を明け渡すまでには3ヶ月〜6ヶ月ほどの猶予がありますが競売でなく任意売却を希望する場合には速やかな対応が必要です。返済の見通しがつかなくなる前に、早めに無料相談などを利用するのがオススメです。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
守口市で住宅ローンが返せない場合には無料相談を利用しよう!
住宅ローンが返せない場合には、まずは銀行に相談しましょう。滞納が重なっていく前に、銀行に相談し返済条件の見直しや変更を申し出ましょう。銀行以外の相談窓口としては、任意売却のプロフェッショナルである任意売却専門業者があります。任意売却専門業者は金融機関とスケジュールを調整したり、物件の売却先の手配などを行ってくれます。また弁護士へ相談する方法もありますが、実際に金融機関との交渉などを依頼すると着手金として弁護士費用が発生するので注意が必要です。
Point1

リスケとは?

返済条件の見直しや変更などをリスケージュル(リスケ)と呼びます。返済が苦しい現在のスケジュールを、返済が可能なスケジュールへと組み直します。リスケの方法としては、返済額を減額することや返済期間の延長、ボーナス返済月の取り止めなどが主な方法です。リスケをすることで資金繰りが楽になります。

Point2

任意売却とは?

任意売却は、売却をしたとしても住宅ローンが残る不動産を金融機関の合意を得た上で売却する方法のことを指します。任意売却では所有者の経済事情が公になりません。それに対し競売になってしまうと様々なデメリットがあるため、なるべく任意売却での解決が望ましいです。

Point3

競売とは?

競売は正式には一般競争入札といい、債権者が不動産売却を裁判所へ申し立て正当と立証された場合に、裁判所の権限で強制的に売却することです。競売費用に遅延損害金などが加算され借入金が膨らむデメリットがあります。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。
住宅ローンの返済が苦しいときの対処法は?

守口市にお住まいの方に、大阪の任意売却専門会社エルライフは豊富な実績と専門知識があります

任意売却について詳しく知りたい方は気軽にご相談ください

様々な理由で住宅ローンの月々の返済が滞ってしまった場合には、早めの対処が肝心です。金策に手間取っている間に時間がどんどん過ぎ、具体的な対策が打てないまま競売が開始されてしまうというケースも多いです。競売が開始されてしまうと交渉の余地がないため、それまでに銀行や任意売却専門業者などに相談しましょう。競売が完了すると売却決定の通知が届き、強制立ち退きで家を出なくてはなりません。任意売却の方法をとれば市場相場に近い価格で売却が可能な上に、様々な諸経費を自宅を売却したお金から支払うことができるので持ち出し金がありません。返済が苦しいときには、早めに相談窓口へ相談しましょう。任意売却専門会社エルライフでは、無料相談を行っております。ご自宅、ご自宅近隣の施設での打ち合わせも可能です。お気軽にご連絡ください。

Contact

お問い合わせ