京都で住宅ローンが払えない方、ご相談を!
任意売却専門会社エルライフ
ひとりで悩まずご相談ください。

住宅ローンが返せなくなってきたらすぐに任意売却を検討する

さまざまな事情で収入が落ち込み、住宅ローンが返せないという状況に陥ることは誰にでもあり得ます。そんな場合、手をこまねいていてはいけません。返済が滞り始めると、銀行や住宅ローン会社などは必要な手続きを開始して行きます。4か月~6カ月くらい経ってしまうと手の施しようがなくなるかも知れません。そんなことにならないように任意売却の手続きを取って、完済してしまうことを計画して下さい。任意売却は特別な手法ではありません。専門知識を持った不動産業者などに依頼することでスムーズに進めて行けるでしょう。

京都に住んでいる人の場合、京都市だけでなく京都府の広い地域で無料相談を行っている業者や組織があります。必要に応じて適切な相手を選定して相談し、任意売却を実行することが大切です。どうせ売却するなら競売で売ってしまえばいいと考えてはいけません。競売では任意売却に比べて不利な条件での引き渡しになります。平均的には相場価格の70%くらいでしか売れないとも言われているのです。段階を追って見てみましょう。

相談料は無料です。自宅での相談も可能です。
Check!
住宅ローンの支払いが厳しくなってきた段階で任意売却を行うのがベスト
任意売却と言うのは、自分で対象となっている物件を不動産業者を通じて売却することです。ですから価格交渉も可能なので高く売れる可能性も残っているのです。まだ何とか毎月の支払いが遅れずにできている段階で任意売却の手続きを始めておくと、金融業者からの督促などに悩まされずに済みます。まずは良い業者を探しましょう。インターネット上では任意売却に関する相談を受け付けている任意売却専門会社も、たくさん見つけることができます。複数の相談対象に相談しても問題ありません。無料相談を受け付けているところに連絡して、他のところにも相談していることを正直に伝えておくと良いでしょう。
Point1

督促状などが届き始めてもまだ十分間に合うのでためらわず任意売却に取り掛かる

1回でも住宅ローンの支払いが遅れると電話などで督促が行われます。2~3か月になってくると書面での督促が行われることが一般的です。こうした物を受け取ってしまったら、すぐに任意売却を行うための業者探しをして下さい。選定ポイントは弁護士などとのタイアップがしっかりしているところです。

Point2

差押通知書が届いても任意売却を進めていることが証明できれば間に合う可能性がある

差押通知書は滞納が始まってから半年を過ぎたあたりで届きます。この書類は「裁判所」から届くもので、それまでの金融業者からの書類とは重みが全く異なります。差押えが行われてしまうと、債権者に差押えを解除してもらわないと任意売却すらできなくなるのです。任意売却を進めていることを業者から伝えてもらって下さい。

Point3

競売開始決定通知書が届いたらもう秒読みだが可能性は残っている

競売開始決定通知書が届いたら間に合わない可能性もあります。しかし、債権者が任意売却に合意してくれたらまだ可能性は残るのです。こうした場合には、業者とタイアップしている弁護士から債権者に連絡することが必要になるでしょう。競売に付されてしまうと残債などで不利な状況になることが多いです。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-802-001 0120-802-001
7:00〜23:00
Access

大阪で不動産物件の最適な売却方法を提案する任意売却専門相談センターへのアクセス情報を掲載いたします

概要

会社名 株式会社エルライフ
住所 大阪府八尾市弓削町三丁目83-2
電話番号 0120-802-001
営業時間 7:00〜23:00
定休日 年中無休
最寄り 志紀駅より徒歩6分

アクセス

大阪・兵庫・京都・奈良で任意売却をサポートする任意売却専門会社エルライフは、営業開始から多くのお客様に選ばれている相談センターとして認知されています。アクセス情報を掲載しておりますので、まずはご参照の上ぜひ気軽にお問い合わせください。

京都にお住まいの方に、任意売却専門会社エルライフは豊富な実績と専門知識があります

任意売却について詳しく知りたい方は気軽にご相談ください

任意売却専門会社エルライフでは、個別相談を行っていますので、電話予約の後に相談してください。任意売却を行えば、債務が残っても分割返済ができます。競売では残債は一括返済を求められるのです。また、債権者との交渉になりますが、債務を完済できなくても引っ越し費用を最大30万円まで手元に残せる可能性もあります。競売になるといわゆる競売屋などから次々に連絡が入りますが、そうした物は相手にせずに、きちんとした組織に相談するよう心掛けて下さい。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事